会員情報

会員企業名

(有)ナラシノカセ イ

創業年(西 暦)

1967年

代表者名

代表取締役社長 鈴木 英久

担当者名

鈴木 英久

所在地住所

千葉県八街市山田台1051-4

郵便番号

289-1124

電話番号

043-445-4775

FAX番号

043-445-2596

電子メール

narasino@nifty.com

従業員数

1〜29人

ホームページ

http://narashinokasei.cool.coocan.jp/ 

営業拠点

千葉県八街市
千葉県習志野市

製造拠点

千葉県八街市

所属地区団体名

関東ウレタンフォーム商業会

取扱素材

 

軟質ウレタンフォーム(PUフォーム、低反発・半硬質を含む)(SPUF)、硬質ウレタンフォーム
ポリエチレンフォーム(=PEフォーム=発泡ポリエチレン、イノアック、三和化工、旭化成、JSP、セキスイなど)、メラミンフォーム、PORON、ゴム スポンジ、アルミケース
その他の副資材(不織布、カバー、化繊綿)

取扱軟質ウレタンフォーム・メーカー名

 

アキレス ・ イノアックコーポレーション ・ 倉敷紡績(クラボウ) ・ セキスイウレタン
東洋クオリティワン ・日清紡績(日清紡)

主な製品分野・得意分野

 

軟質ウレタンフォーム製品:農産品用梱包材、水 産品用梱包材、マットレス、リビング・クッション、家具部材
             雑貨(クリーナーなど)、緩衝材、防音材、吸音材、舞台美術用部材
             体操用マット、クライミング用マット
ポリエチレンフォーム製品:アルミケース・コンテナなどの内装材、緩衝材(特にルーター切削加工品)

                        緩衝包装設計(材質毎の緩衝特性データを使用)

軟質ウレタンフォームとその他の素材の取扱比率
(軟質ウレタンフォーム%:その他素材%)

80:20

加工設備<設備・機器名/仕様・性能等/メー カー(・型番号)/台数>

 

裁断機(水平サーキュラー)/竹中機械/1
裁断機(水平、自動摘み取り)/1250×2050×H900mm/竹中機械/1
裁断機(垂直)/竹中機械ほか/大2小2

NCルーター切削加工機/テーブルサイズ1300×1300、刃物5種自動交換/SHINX/1

3Dスキャナ/NextEngine/1

手動式ルーター切削加工機/庄田鉄工/2

油圧式プレス加工機(トムソン抜き)/アトム/1
ウレタン座布団中芯側面R加工機/自社特注品/1
ウレタン接着機(クッションなどの加工用)/自社特注品/1
ウレタン粉砕機/2
クッション用チップウレタン充填機/1
ボール盤/1

ISO認証取得

9001検討中
14001検討中

特許・実用新案・意匠登録等

 

 

自社のPR・その他

 

平成25年度補正予算「ものづくり補助金」では『考古学史料等貴重文物を保管するための緩衝材の試作開発』を行い、充分な緩衝性能を有する緩衝材の試作開発を行った。

そ の成果として、平成29年春には東洋文庫様(文京区)収蔵の『ルター訳聖書』の保管用緩衝材を設計・製作・納入した。(3Dスキャナにより現物採寸し、緩 衝材として使用する素材毎の緩衝特性データを基に3D・CAD内で緩衝材を設計、NCルーターにて切削加工、貴重な書籍に影響の少ない特殊な接着剤で積 層・接着。)

精密機械等搬送用アルミケース・コンテナ内の緩 衝材をポリエチレンフォームの切削加工により製作している。(放送機材、光学機器、医療機器、航空部品、防衛関係、考古学史料/美術品等を含む)

アルミケース・プラスチックケースの調達も可能。
国際宇宙ステーション・日本実験棟「きぼう」向けの実験機材等打ち上げ用緩衝材やASIMO輸送ケース、ASIMO用バッテリー輸送ケースの緩衝材加工等も手掛けた。

そのほか、梱包材(農産品、水産加工品)などを 得意としている。

少量、多品種、受注生産型で、小売(地方発送 可)も可。


 日本ウレタンフォーム商業会:info@urethane.jp